Pitcher's repertoire.

新增英日譯文。

English and Japanese rendering added.

英語や日本語の訳を追加しました。(日本語に訳するのは大変だったけど、やっとできました。ある箇所は完全的に言いたいことを伝えることができないかもしれないが、ご参考までに。)


前言 Foreword 緒言

棒球比賽中所佔比重最重的一個守備位置,當然就是投手了。而投手要克敵致勝,憑藉的就是他手中的球。因此要瞭解投手的威力,我們應該先對於投手所具有的武器,也就是不同的球種,有個基本的認識。而在正式介紹這些球路之前,需要先說明一個基本概念。這些球種的分類和特性,是一個大略的概括,並不是很死的規定。球的變化是由於投手對於球的使力和旋轉的不同而產生,不同的旋轉和施力以及不同的放球點就會產生不同的變化,而且當天的氣候、濕度、球場的高度、風向等等的外在因素也可能會對球的變化有所影響,所以同一種球路,在不同的人手裡甚至同一個人的手裡投出來都會有不同的情況產生,而不是很死板的什麼球就是怎樣變化什麼球速度就是多快。有了這個概念之後,再來看這些球路,才不會產生一些錯誤的觀念,那麼我們就來看看到底投手有哪些球路可以運用呢?

Pitcher, without a doubt, is the most important position in a baseball game. The one thing that a pitcher relies on to succeed, is the baseball in his hand. Therefore, to understand how and why a pitcher succeeds, we should gain at least a fundamental knowledge of the weapons that a pitcher may use, that is, the different pitches that can be thrown. Before getting into the topic, there is one thing relatively important to be addressed. The characteristics of different pitches and their classifications are somewhat flexible and not completely mutually exclusive. The movement of the ball comes from the force applied on the ball by the pitcher and its consequent rotation. Therefore the differences in the way that a pitcher throws the ball will lead to different movement of the ball. Moreover, many external factors, such as weather, humidity, altitude, wind, etc, will also have an effect on the movement. Consequently, the characteristic of the same pitch thrown by different pitchers, or even by the same pitcher, will vary from one to another. Namely, it is incorrect to assume that a slider should travel at this speed and look like this, and a curve should travel at that speed and look like that. With this understanding in mind, we can avoid developing certain fallacious idea about the pitches. Without any further ado, let's take a look at what kind of pitches are there on a baseball diamond.

野球の試合で、最も重要なポジションといえば、もちろん投手です。結果を出すために、投手が頼ってる唯一のものは、手の中のボールです。投手が成功する方法と理由を習得するには、投手が用いることが許されている武器、すなわち、さまざまな球種に関して、基本的な知識を持たなければなりません。つまり、投手の武器を知ることです。このトピックに入る前に、一つ分かってもらいたい大事なことがあります。ボールの動きは投手がボールに加えた力とその結果によって生じた回転の産物です。さらに、多くの外部要因もボールの動きに影響があります。例えば、天気、湿度、海抜、風向きなどです。ですから、同じ球種でも、投げる人が違ったり、あるいは同じ人が投げても、その特性はいろいろと変化します。スライダはこのスピードでこう動き、カーブはこのスピードでこう動くとは一概に言えません。。これを分かっている限りに、球種を見る時、誤解が生じることを避けられます。難しい話は抜きにして、さっさとグラウンド内でどんな球種が使われているのか見てみましょう。

一、快速球(Fastball, ストレート)
投手最基本的球路當然就是速球,應該也不用多做解釋了,而之所以稱之為快速直球,是由於一般來說速球就是一名投手能投出的球種之中球速最快的一種,所以稱之為快速球。速球可以大略區分為四縫線速球球(4-seam fastball, 4-seamer, フォーシームファストボール, フォーシーム)和二縫線速球(2-seam fastball, 2-seamer, ツーシーム・ファストボール, ツーシーム)兩種,最簡單的說法是同一位投手的四縫線速球的球速會較二縫線速球的球速來的稍快,但是球的行進路線也比較直,而二縫線速球的路線則比較活,比較會跑。不過這只是比較籠統的區分,如果仔細一點的區別的話,二縫線速球大致上有兩種典型,一種是一般所說的下切速球(cut fastball, カットファストボール)或是切球(cutter, カットボール),也有人直接音譯為卡特球。這種球是介於快速直球與滑球之間的球路,變化的路線跟滑球很像,不過幅度比較小,球速也比較快,所以日本人也稱之為高速滑球。擅投這種球路的投手有Mariano Rivera、Andy Pettitte、Roy Halladay等等,而切球最大的功用是用來丟向反邊打者的內角腰帶到手腕附近高度,以製造擦棒或軟弱contact(飛球較多)的效果。另一類二縫線速球就是所謂的下沈速球(sinking fastball, シンキング・ファストボール )或是伸卡球(sinker, シンカー),這種球路的變化方向跟下切速球相反,右投手的伸卡球是向右打者的內角來下墜的,由於球的下沈,使得好的伸卡球很容易造成打者擊出滾地球,所以很多很好的伸卡球投手都是有名的滾地球投手,剛剛提到的Roy Halladay也是伸卡球好手,另外像是Derek Lowe、Tim Hudson、Kevin Brown、Brian Lawrence以及也擅投待會要介紹的變速球的Gregg Maddux等人也都擁有一手很棒的伸卡球。由於伸卡球相較於四縫線速球來說比較難以讓打者揮棒落空,也比較容易被打進場內,所以伸卡球投手一般來說除了滾地球多之外,三振率通常不會太高,控球不差的話用球數也會比較省,只有少數球速又快又擁有優異變化球的好手會同時擁有高滾飛比及高三振率。此外我國挑戰大聯盟的好手曹錦輝也是因為科羅拉多主場的空氣稀薄,不利於飛球型投手的表現,所以在上大聯盟之前也特地多練了二縫線速球以減少被擊出飛球的傾向,但曹錦輝的二縫線速球雖然會往右打者內角竄,但下沈的尾勁並不強,因此不能很有效地讓打者擊出滾地球。只是要注意的一點是,雖然切球和伸卡都可以算是二縫線速球的一種,但通常我們在說二縫線速球的時候指的都是伸卡球,切球就會直接叫他切球而不會稱之二縫線速球,這是由於球路使用上的演化而造成的使用上的一個習慣。

有些球迷可能會有一個疑問:伸卡球不是一種變化球嗎?怎麼會又屬於快速球的一種呢?其實伸卡球是一種變化球的觀念由來以久,幾乎所有的台灣棒球迷(包括我在內)在接觸棒球的過程中好像都會吸收到「有一種變化球叫伸卡球」這樣的觀念。其實這應該是受到日本的影響,在日本所謂的伸卡球是一種慢速而方向與美國所謂伸卡球方向相同但大幅下墜的變化球,我是到後來看到一段影片時才赫然發現當初我還是投手時也曾經練過日式伸卡,只是當時是自己想出來的握法和投法,原來跟日式的伸卡握法和投法都很接近,當初的想法也跟潮崎哲也一樣只是單純想用側投丟出跟曲球相反方向的變化球而想出來的,只是最後並沒有練到可以在實戰裡使用的程度。只是畢竟早期國內和日本會投美國所謂美式伸卡球的人不多,所以在有限的資訊裡大家都認為伸卡球是種變化球,但卻不知道其實美國的伸卡球的球速跟快速直球是相去不遠的,才會一直以來都將伸卡球歸類於變化球的範疇之內,我也是直到接觸美國棒球一段時間後才發現其實伸卡球是速球的一種。除此之外還有一類比較特別的快速球是上昇速球(rising fastball),部分投手的四縫線速球有著強烈的上昇力道,通常這種球會投向偏高的位置讓打者揮空,也只有在投高時投能產生強烈往上竄昇的尾勁,大聯盟裡幾個上昇速球的好手如小熊隊的Mark Prior、天使隊的Troy Percival等。雖然上昇速球只不過是含有某種特性的四縫線速球,不過你想把他歸於二縫線速球其實又何嘗不可呢?

日本球界還有一種球路稱為噴射球(shoot, シュート),而所謂噴射球的握法和投法各家說法不盡相同,例如在日本的一些棒球教科書上和某些國內的棒球書中的噴射球握法都不太一樣,甚至差異還不小。目前對於噴射球到底是怎樣的一種球路還沒有一個共識,日本球界中的噴射球一般指的是右投手投向右打者內側會繼續往內角竄的快速球路,有點類似上面提到的上昇速球,但在美國球界中是沒有噴射球這個名稱的。不過這些也只是大概的分類,除了伸卡球及切球兩類基本的二縫線速球之外,也還有其他各種不同握法不同旋轉的二縫線速球,但是總括來說並不需要死板板地硬要將二縫線、四縫線速球以及伸卡球、切球、噴射球等球路硬性區別開成各種單獨的球路。大致上來說,只要是行進路線不直的速球其實都可以當作是二縫線速球的一種,有明確下切或下沈路線的便可以稱為切球或伸卡球,若不明確屬於哪種路線的話就簡單稱之為二縫線速球即可,而四縫線速球就是一般所說的快速「直」球。

The most commonly used pitch is, of course, the fastball. It is called “fastball” because in most cases, among the pitches that a pitcher can throw, it is the pitch that travels with the highest velocity. We can split the fastball roughly into two broad categories: 4-seam fastball (4-seamer) and 2-seam fastball (2-seamer). One quick and sketchy way to describe the difference between these two pitches is that for the same pitcher, 4-seam fastball usually travels at a higher velocity and in a path which is relatively straight, as opposed to 2-seam fastball, which has better movement but lower velocity.

 

If we look more closely, we can further divide the 2-seam fastball into two common types. One is the so-called cut fastball, or cutter. Some might not consider cutter one kind of 2-seamers but what really matters is not where does a pitch belong to but what it does. Also don't forget every pitcher is an individual and might throw a same pitch which runs in a different way or does a different thing. It is a pitch in between the fastball and the slider which has a similar trajectory to the slider but with less movement and higher velocity. Therefore, it is also called high-speed slider in Japan. Some pitchers, such as Mariano Rivera, Andy Pettitte, and Roy Halladay, are famous for throwing a devastating cutter. One of the major function of cutter is that it is often thrown to the inside corner, belt to chest high, of a same handed batter, inducing foul tips and weak contact, which mostly results in pop-up.

 

The other subcategory and also the main-stream of the 2 seam fastball is the sinking fastball, which is often called a sinker. The sinker has an opposite trajectory to the cutter. A sinker thrown by a right handed pitcher to a right handed batter will sink and move toward the batter. Due to the sinking action of the ball, a good sinker has a higher probability to induce grounders. The aforementioned Roy Halladay has a great sinker, too. Besides him, there are also many other famous sinkerballers, such as Derek Lowe, Tim Hudson, Kevin Brown, Chien-Ming Wang, and the legendary Greg Maddux. However, one drawback of the sinker is that is more difficult, compared to a 4 seam fastball, to run by the hitter, in other words, much easier for a hitter to make contact on a sinker. Therefore, it is difficult for a sinkerballer to possess a high strikeout rate. On the other hand, higher contact rate means that a sinkerballer is often able to wrap up an at-bat with fewer pitches, given that he has adequate control, so the number of pitches per plate appearance for a sinkerballer tends to be lower.

 

Certain Asian baseball fans might wonder that isn’t sinker an off-speed pitch? Why does it belong to a subcategory of fastball? Actually, that is because in Japan, sinker refers to a kind of off speed pitch which travels in the same direction as American sinker but the velocity is much lower and it breaks much more. From the perspective of Taiwanese baseball fans, in early years of Taiwan, there were few pitchers who can throw an American sinker. As a result, everyone only recognizes sinker as in the sense of Japanese sinker. 

 

Certain pitchers’ fastball runs with a strong rising action when they throw it to the upper half of the strike-zone and they often do this to produce swing-and-misses. You can see this rising fastball as another subcategory of the fastball and you can classify it as either a 4-seamer or a 2-seamer. However, it’s just a minor detail that doesn’t really matter either way. Mark Prior and Troy Percival are two of examples who use a rising fastball.

There is another pitch known as shoot in Japan. The grip and release of the shoot can vary greatly according to the sources. In Taiwan and America, there is no consensus on what a shoot is. In Japan, it usually refers to a kind of fastball that, when thrown by a right handed pitcher, will run in toward a right handed batter and sometimes has a rising action.

 

However, these classifications are merely a general rule. There are also many other fastballs thrown with different grips or releases. Therefore, there is no rule to put every single pitch into one category of fastball. A rule of thumb is that, as long as the path of the fastball is straight, you can see it as a 4-seamer, the others are 2-seamers. Among 2-seamers, those which drift away from the hitter of same side are the cutters and those which run in toward the hitters are the sinkers. For those that run different than a cutter or a sinker, you can just call them 2-seamers.

 

 

最も基本的な球種というのはもちろん速球(ストレート)です。速球と呼ばれているのは、一般的にピッチャーが投げる球種の中で、一番スピードが速いからです。速球をおおまかに分類すると、フォーシームファストボールフォーシーム)とツーシーム・ファストボールツーシーム)の二種類に分けることができます。簡単に言うと、フォーシームツーシームよりスピードが速い。その一方、ツーシームほどの変化はありません。

 

もっと細かく言うと、ツーシームはさらに二種類に分類することができます。一つはカットファストボール(カットボール)という、速球とスライダーの間に位置する球種です。球筋はスライダーに似っていますが、動きはより小さくて、スピードはより速いです。ですからカットボールは日本で別名高速スライダーと呼ばれています。メジャーリーグでMariano Rivera, Cliff Lee, Andy Pettitte, and Roy Halladayなどはカットボール名手と知られています。カットボールの最大の効果の一つは、ピッチャーと同じ側のバッターのインコース、ベルトから胸までの高さ、に投げて、ファウルとか弱い打球 (内野フライのが多い)を出せることです。

 

もう一種類のツーシームシンキング・ファストボール、あるいはシンカーという球種です。シンカーの球筋はカットボールの反対に、ピッチャーと同じ側のバッターのインコースに向かって沈んでいきます。その沈下により、バッターがゴロを打つ確率はフォーシームより高い。 前が言ったのRoy Halladayがカットボールだけじゃなくて、素晴らしいシンカーも投げられます 。彼以外にも、メージャーで多くのシンカーの名手がいます。例えば、王建民Derek Lowe, Tim HudsonKevin Brownあとは伝説的なGreg Madduxなど。しかし、シンカーが一つのデメリットがあります。それは空振りをさせにくいことです。よって、主にシンカーを使っているピッチャーが高い奪三振率を持つことは難しい。その一方、空振りがさせにくいので、もっと少ない球の数で打席を終わらせることもできます。よってで、主にシンカーを使っているピッチャーは、一打席平均用球数がより低くなります。

 

アジアの野球ファンの中には、シンカーは変化球ではないのか?という疑問を持つ人もいると思います。なぜシンカーは速球の一種類に所属しているのか?実は、台湾のファンの視点から言うと、シンカーが変化球の一種類とみなされているのは、日本球界に影響された結果です。日本でいうシンカーは、球筋がアメリカのシンカーと同じですが、スピードがずっと遅く、変化が大きい変化球であります。少し前まで、台湾ではアメリカ式シンカーを投げる選手が少なかったため、皆、和式シンカーしか知りませんでした。 

 

またある特別な速球は、高めに投げると、ホームプレートに近づくくらいに上がっていくタイプです。こんなライジング・ファストボールという速球はロケーションと上がるアクションとが相まってバッターに空振りさせやすいです。ライジング・ファストボールをフォーシームの一種類にみなしてもいいですが、ツーシームの一種類にみなすのも悪くはないと思います。Mark Prior Troy Percivalは素晴らしいライジング・ファストボールを投げられるピッチャーの中の二つの手本です。


日本球界ではもう一種類シュートという球種があります。しかし、シュートの握り方と投げ方には様々な言い方があります。アメリカではシュートという球種はないため、シュートというものは一体どんな球種なのかということについても、一致した意見はありません。日本ではシュートというのは、右投手が投げるなら、右打者のインコースに向かって上がっていく速球のことを言います。

しかし、こういうのはただの大まかな分類なんです。一球ずつどの種類に所属しているのかを厳しく決めることは必要ないです。簡単に言うと、まっすぐ行くのはフォーシーム。そうではないのはツーシームツーシームの中でピッチャーと同じ側のバッターの内角に向かって曲がるのはシンカー、外角へ曲がるのはカットボール。他のはすべてツーシームと呼べばもう十分です。

Video:
一般的四縫線速球應該不需要影片輔助介紹了,所以直接來看看其他的類型,先來看由於王建民而在台灣大為出名的伸卡球(sinking fastball, シンカー):



日式伸卡,Japanese sinker,和式シンカー:



rising fastball:



cut fastball:



二、曲球(Curveball, Curve, カーブ)
被暱稱為查理大叔(Uncle Charlie)的曲球大概是球場上最常見的一種球路,或許是因為比較好練好控制,所以通常一般人最容易也最先學會投的變化球就是曲球了,曲球的變化路徑大家應該也都很熟悉,右投手的曲球就是球投出後往右打者的外角畫一道弧線轉出去並下墜,前面也提過,不同投手投出的曲球自然不盡相同,有的投手的曲球橫移的變化幅度不大,因此球看起來呈現接近垂直下墜的情況,也有人的曲球橫移幅度相當地大。此外,不同投手的曲球的變化的弧線的曲率也有相當的差異,而一般說來,曲球的速度大約要比快速直球的速度慢個12~25mph左右,而一些速度較慢的曲球有時會被稱為慢速曲球(Slow Curve, スローカーブ),例如日本最有名的星野伸之的大慢曲。投曲球的要領相當簡單,曲球之所以會彎曲,是由於球的旋轉所造成,所以要投出曲球,最重要的就是放球時手腕的旋轉,因此投曲球時要利用手指壓住縫線並靠手腕的力量來讓球旋轉並達到彎曲的目的,不同的旋轉角度和轉速就會造成不同的變化角度和弧度。

至於曲球的起源,說法不一,一般認為曲球是由布魯克林人Candy Cummings發明的,他在1864年在寄宿學校裡開始研究並練習曲球,他說他之所以會有想投曲球的想法是在一年前由於他在投擲蚌殼時發現蚌殼自動彎曲了,他是在1867年為Brooklyn Excelsiors隊出賽首次將曲球使用在正式的比賽中,曾經有人質疑,曲球是否真的會彎曲,甚至也有人仍然堅持曲球不會彎曲而只是一種視覺上的假象而已,但是根據科學的研究指出,曲球的確會彎曲,像1959年由物理學家Lyman J. Briggs藉助前道奇隊投手Cookie Lavagetto的幫忙,證實了曲球的確會轉彎並且在投手板到本壘板60.5英尺(18.44公尺)距離中最大可以從軌道上彎曲達到17.5英吋(44.45公分)。而曲球的功能就是藉由軌跡的劇烈改變讓打者不易掌握住擊球的位置或者對球的進壘位置產生誤判。由於曲球是相當普遍的一種球路,幾乎大多數人都會投,所以大聯盟中曲球好手也相當之多,其中最著名的當然是Barry Zito了,其他像Josh Beckett、Roy Oswalt、Roy Halladay、Bret Myers、Gil Meche、石井一久、Matt Morris、Jason Isringhausen等人的曲球也都非常地難打。

Also known as “Uncle Charlie”, the curveball is probably the breaking ball seen the most on the diamond. Probably because it is relatively easy to learn and control, the first breaking pitch that a pitcher learned is often a curveball. A curveball, when thrown by a right handed pitcher, will break away from a right handed hitter and dive downward fiercely, looking like a curve line. As mentioned before, when thrown by different pitchers, the trajectory of the curve will vary. Some have more lateral movement and some more vertical movement. We often describe the curve by its breaking direction such as 12-6, or 11-5. The curvature of the path of a curveball will also vary depending on how it’s thrown.

 

Generally speaking, the velocity of a curveball is slower than that of a fastball of the same pitcher by 12 to 25 mph. Those travels very slow, around 65 mph, with a very big curving path is sometimes called a slow curve. Vincente Padilla, Randy Wolf, and Bronson Arroyo are some of the pitchers who throw slow curves. The gist to throw a curveball is relatively easy. A curveball curves because of the spin. Therefore, the most important thing when throwing a curveball is to press the fingers on the stitches and twist the wrist to apply strong spins on the ball. Varying the number and the direction of the spins will lead to different path and curvature.

 

There are several different versions about the origin of the curveball. One generally accepted version is that the curveball was invented by a Brooklyn kid Candy Cummings. He started to try and practice curveball in 1864 while he was in board school. He said that the reason that it occurred to him to throw a curveball is that when he was throwing seashells a year ago, he found that the shell curved. He used a curveball in a formal game for the first time when he pitched for Brooklyn Excelsiors in 1867.

Some people had once questioned that whether a curveball really curves and some insisted that a curveball doesn’t really curve but is nothing more than a visional illusion. However, some scientific research has showed that a curveball does curve. For example, Lyman J. Briggs, with the help of former Dodger pitcher Cookie Lavagetto, had proved that a curveball does curve and, in the distance between the mound and home plate (60.5 inches), a curveball could curve away from its path as far as 17.5 inches.

 

One of the main functions of the curve is, through the violent bending action, to cause hitters great difficulty in making solid contact or misjudge the location of the ball at the plate. Because the curveball is arguably the most common off-speed pitch, almost everybody knows how to throw a curve. As a result, there are many pitchers who can throw a nasty curve, such as Felix Hernandez, Cliff Lee, Adam Wainwright, Josh Beckett, etc.


アンクル・チャーリー(おじさんのチャーリー)という異名を持つカーブは多分一番よく見かける変化球だと思います。おそらくカーブは比較的習得もコントロールもしやすいので、多くの人が一番最初に習った変化球はおそらくカーブです。カーブの球筋は、右投手が投げるなら、右打者の外角に曲がって落ちるというものです。前述のとおりに、違うピッチャーが投げると、同じ球種でも、球筋が変わります。あるピッチャーのカーブは横向きの変化が多く、あるピッチャーは縦向きのが多いです。変化の方向に応じて、よく時計の針の方向で形容します。例えば、12時-6時のカーブ11時-5時のカーブという言い方があります。一般的に言うと、カーブは、同じピッチャーが投げるストレートよりスピードが12マイルから25マイルまでぐらい遅い。スピードがすごく遅くて、変化がすごく大きいカーブは時々スローカーブと呼ばれています。Vincente Padilla Randy Wolfや、Bronson Arroyoや、星野伸之などはスローカーブを投げる投手の例です。カーブを投げる方法は比較的に簡単です。カーブを投げた時ボールが曲がるのは、回転の効果ですから。カーブを投げる時一番大切のは指を縫い目に押しつけ、手首を回転させることより、回転をボールにかけることです。回転の数と方向によって、球筋も変わります。

 

カーブの起源については様々な説があります。最も信用できるのは、ブルックリン区出身のCandy Cummingsがカーブを発明したという説です。Cummingsが1864年全寮制の学校にいた頃カーブの研究と練習をし始めました。彼がカーブを投げるという発想ができたのは、カーブを発明する一年前貝殻を投げた時貝殻が曲がったことに気付いたからです。彼は1867年Brooklyn Excelsiorsの代表になった時初めて正式な試合でカーブを使いました。

かつて「カーブは本当に曲がるの」という疑問を抱いている人もいました。カーブが実は曲がらなくて、それはただ視覚的な錯覚だと言い張る人もいましたが、ある科学的な研究によって、カーブは本当に曲がっていることが証明されました。例えば、1959年の物理学者Lyman J. Briggsは、元ドジャーズ投手Cookie Lavagettoにサポートされて、カーブが本当に曲がっていることを証明した。実験の中で、マウンドからホームまでの18.44メートルの中で、カーブが元の軌道から最大で44.45センチにも離れました。

カーブの主な効果は、強烈な軌道変化より、バッターが確実に球を打つことが難しくなるということや、ホームに来る時の位置を見誤るということです。カーブはとても一般的な変化球のため、ほとんどの投手が投げられます。よって、パワフルなカーブを投げられる投手も多くいます。例えば、Felix Hernandez, Cliff Lee, Adam Wainwright, Josh Beckettなどです。




三、滑球(Slider, スライダー)
除了曲球之外,球場上最被普遍使用的球路就是滑球了,滑球也被稱做小曲球,因為滑球的變化幅度跟曲球很類似,不過幅度比較小,球速比較快,變化比較晚也比較突然,紅人隊投手Jim Brosnan在他的書(The Long Season, 1960)裡面對滑球的說法是「不像直球那麼快,也不像曲球那麼彎曲,但是卻比直球和曲球都好投也好控的球。」,滑球的起源由於經過的時間已久所以沒有一個很肯定的說法,但第一次有人使用滑球這個名稱是從1930年代開始出現的,是當時底特律老虎隊的George Uhle和聖路易布朗隊的George Blaeholder,Uhle說他在1929年發明了滑球,在這之前有人稱之為五分曲球(Nickel Curve)和浮游球(Sailer),而滑球是從50年代開始盛行,後來到了70年代靠著Steve Carlton和一些其他厲害的滑球投手將之發揚光大。滑球的投法跟曲球有點類似,不過曲球是靠手腕的力量讓球旋轉達到彎曲的效果,但是滑球卻是依靠手指的力量,以類似握曲球,手指靠著縫線的握法,以接近投直球的方式,用手指的力量下壓劃過縫線,讓球剛投出時看似直球,到了本壘前忽然轉彎下墜。而變化的方向跟曲球類似。右投手的滑球是向右打者的外角下墜,而下墜和外彎的幅度的比例也是因人而異的,有的人的滑球可以幾乎快要接近水平的向外彎,也有的人有辦法投出近似垂直下墜的滑球,此外滑球幅度比較小而且變化比較晚比較突然,加上前半段看來像直球,所以很容易讓打者以為是直球而揮棒落空。

可能由於日本電玩遊戲「實況野球」在台的風行,該遊戲中棒球的變化球分類也加入了日本人精細的風格,把滑球再細分為垂直滑球、水平滑球、高速滑球以及其他種類的滑球,就我個人的觀點來說,這是沒有必要的。本來同一種變化球由不同的人投出來,就會有不同的軌跡跟變化,硬將之區分為不同球路除了讓球路系統看起來更複雜以外其實沒有什麼意義和作用。因此基本上滑球就是滑球,不同軌跡滑球間的功用沒有什麼決定性的差別,不需要將之再細分為各種滑球了。曲球跟滑球算是最基本的變化球,幾乎所有投手都至少會投其中的一種。大聯盟裡幾個比較著名的滑球好手例如John Smoltz、Kerry Wood、Randy Johnson、Jeff Nelson、Ryan Wagner、Jason Schmidt等等。

Except for curveball, slider is the most widely used pitch. The trajectory of a slider is similar to that of a curveball, but with less movement and higher velocity. Former Reds pitcher Jim Brosnan once described slider in his book “The Long Season” (1960) as a pitch that is not as fast as a fastball, and curves not as much as a curveball, but easier to thrown and control than fastball and curveball.

 

It is not sure that who invented or used this pitch first. However, the term “slider” came about from 1930s by George Uhle of Detroit Tigers and George Blaeholder of St. Louis Browns and Uhld claimed that he invented the pitch in 1929. Before the term “slider” came, the pitch was called “nickel curve” or “sailer” back then. Slider became popular in the 50s and was further publicized by some pitchers, such as Steve Carlton, in the 70s.

 

Unlike throwing a curve for which the spin of the ball is caused by the twist of the wrist, to throw a slider, we press our fingers on the stitches and throw it like a fastball without twisting the wrist. The force applied to the stitches by the fingers will cause the ball to spin. The ball will shoot out from the pitcher’s hand looking like a fastball but breaks sharply right before getting to the plate, in the same direction as curveball does. Because slider breaks later than curveball and looks more like a fastball at first, batters are more likely to be fooled by a slider and swing and miss more often. Some pitchers who are famous for their sliders are John Smoltz, Randy Johnson, Zack Greinke, and Felix Hernandez.

 

スライダーは、カーブ以外で最も使用されている変化球です。スライダーの球筋はカーブのと似てますが、カーブよりもスピードは速くて、変化は小さいです。元レッズの投手Jim Brosnanは、自分が書いた本(The long season, 1960)の中でスライダーのことを、速球ほどの速度はなく、カーブほどは曲がらないが、速球やカーブよりも投げるのもコントロールするのも容易だ、と描写しました。

 

スライダーを一体誰が発明したのかは、もう時間が経ちすぎていて究明することができません。しかし、スライダーという言葉は、1930年代に、デトロイト・タイガースのGeroge Uhleとセントルイス・ブラウンズのGeorge Blaeholderによってはじめて用いられたとされ、 とくにUhldは「1929年に自分がスライダーを発明した」と主張しています。スライダーという言葉が現れる前に、スライダーはnickel curve、又はsailerと呼ばれていました。1950年代に、スライダーの人気は高まりました。1970年代にSteve Carltonを含む何人かのスライダーの名手のおかげでさらに人気が高まりました。

 

スライダーの投法はカーブとは異なり、手首を回転させてボールに回転をかけることはありません。スライダーを投げる時はには、指をボールの縫い目に押しつけ、ストレートを投げるようにボールをリリースして、指の力でボールに回転をかけますボールがリリースされた直後はストレートに見えますが、ホームベースに入る直前に、カーブと同じ方向に鋭く曲がります。カーブよりもスライダーの方が見た目がストレートに近いことや、変化が現れるのは遅いことから、バッターはスライダーに騙されて空振りする可能性がより高いです。John SmoltzRandy JohnsonZack GreinkeFelix Hernandezはすごいスライダーを投げる投手として知られています。




四、滑曲球(Slurve, スラーブ)
事實上,滑曲球並不真正算是一種獨立的球路,在早期的棒球場上,只有直球、滑球和曲球,但是事實上滑球和曲球其實是在同一個方向上的兩種球路,所以滑球也被稱之為五分曲球。而所謂的滑曲球其實有兩種情形,一種是亦滑亦曲,一種是可滑可曲。所謂的亦滑亦曲,就是其速度和行進路線又介於滑球和曲球之間的球路,但其實嚴格來說,滑曲球並不算是一個握法或投法獨立的一種特別球路,只是有些投手投所投出的滑球或曲球偏偏就是不像傳統的滑球或曲球,而是介於兩者之間,因此才會多出了滑曲球這個名稱。也就是說,有些投手投出來的球實在難以認定是滑球還是曲球,說是滑球又有點像曲球,說是曲球卻又有滑球的味道時,就是所謂亦滑亦曲的滑曲球了。而滑曲球由於是介於滑球與曲球中間,所以意義上就等於是四分之三曲球。或許有人會有疑問,滑球算是半個曲球,滑曲球算是四分之三曲球,那有沒有四分之一曲球呢?其實也是有的,就是屬於二縫線速球系裡面的下切速球(卡特球),這些球路都是屬於直球—曲球光譜上的球路,所謂的直球—曲球光譜就是如果從速度最快,直線行進的快速直球到速度最慢,彎曲幅度最大的曲球之間將之劃分為四等分的話,那中間三個等分點分別就是切球、滑球、滑曲球,加上兩個端點的速球和曲球就出現了一條類似光譜的區分,這條光譜上的球路除了速球之外也可以通稱為曲線變化球(breaking ball),因為他們的變化都是呈現曲線形的。切球、滑球、滑曲球、以及曲球這四種球路在兩兩之間其實並不一定有很明確的界線,差別只在球速的快慢及變化幅度的大小,有些投手的這些球路之間的差異比較明顯,但部分投手就沒有很明確的差異。至於可滑可曲,指的是有時候一名投手以同樣的握球法但是以不同的出手方式就可以投出落在這條光譜上不同位置的球路,旋轉多一點速度慢一點就會比較接近曲球,旋轉少一點速度快一點就會比較像滑球,因此雖然是同一位投手投出的球卻會有不同的面貌,所以說是可滑可曲的滑曲球,小熊隊的Mark Prior就是這類投手之一。

Actually, slurve is not really an independent pitch. In earlier days, there were only fastballs, sliders, and curveballs, and the latter two are two breaking pitches which break toward the same direction, which is why a slider is also called a nickel curve. What is known as slurve is actually the pitch that is in between a slider and a curveball. Because some pitcher’s breaking ball breaks too little and is too fast to be a curve but breaks too much and is too slow to be a slider. Therefore, the slurve is not really a unique pitch but is named for a breaking ball when it looks like neither a traditional curve nor a traditional slider, but in between them.

 

There is also another situation when some pitchers, such as former Cubs pitcher Mark Prior, who can vary their breaking pitch to make it sometimes looks more like a curve and other times more like a slider. Thus the breaking pitch of these pitchers can also be called a slurve. If we drew a spectrum from the fastball to the curveball, then the middle point of this spectrum will be the slider, and the first and third quartile of the spectrum will be cutter and slurve, respectively. There are no clear lines between each of the adjacent pitches to separate one from the other, so sometimes a pitch can’t be exclusively deemed as a certain kind of pitch.

 

スラーブは、実は、独立した球種ではありません。以前はストレートとスライダーとカーブしかありませんでした。後二者は同じ方向に変化する変化球です。は実は同じ方向に変化するの二種類の変化球。それが、スライダーが「ニッケル・カーブ」と呼ばれている理由です。実際に、スラーブとして知られているのは、(スピードと変化、ふたつの点で)スライダーとカーブの間に位置する変化球です。ですから、スラーブは、実際には一つの球種ではなくて、ただ伝統的なカーブとスライダーのどちらにも合致していない変化球のことを言います。

 

もう一つの場合は、あるピッチャーは、例えば元カッブスのMark Prior、自分が投げる変化球をカーブの度合いを強めたり、スライダーの度合いを強めたり、多様に投げ分けることができます。この場合も、そうしたピッチャーはスラーブを投げていると言えるのですストレートからカーブまで一つのスペクトルを描くと、その中央に位置するのがスライダーです。四分の一と四分の三の所にあるのが、それぞれカットボールとスラーブです。カットボール、スライダー、スラーブ、カーブ、この四つの球種は、それぞれ隣の球種とは互いに、はっきりしている境界線がありません。というわけで、時には一つの投球は、必ず特定なある球種に見なされるには限りません。




五、指叉球(Forkball, フォークボール, フォーク)以及快速指叉球(Split-Fingered Fastball, SFF, スプリットフィンガードファストボール)
指叉球是近年來在亞洲相當叱詫風雲的一種變化球,從阿草謝長亨,奧運抗日英雄郭李建夫,第一位揚威大聯盟的亞洲選手野茂英雄和以後援投手身份席捲西雅圖的大魔神佐佐木主浩,都是靠著指叉球揚名立萬的,也因為這些好手,指叉球成為國人相當熟悉的變化球之一,加上指叉球是變化球中相當容易吊到打者,讓打者揮棒落空的球路,因而讓指叉球成為相當熱門的一種變化球。指叉球的起源有一說是二零年代的費城運動家投手Dave Keefe,由於他的中指小時候發生意外而斷掉了,因此自然使用食指及無名指握球而發明了指叉球。而第一位因指叉球而出名的投手是同樣在二零年代的紅襪隊投手Joe Bush,1921年時由於Bush發現他投不出他的曲球了,便練出了指叉球來取代他的曲球,不過也有人說是費城人隊投手Bert Hall在1908年首先嘗試指叉球的。後來由於Tiny Bonham及Roy Face等人將指叉球更加發揚光大。而快速指叉球則是1974年時一位投手教練Roger Craig開始教導人們投的,幾位著名的指叉球投手如Mike Scott、Jack Morris等人的快速指叉球都是向Craig學來的,Scott甚至在學會快速指叉球的第二年(1986年)就拿下了賽揚獎,之後的1987及1989年也都在賽揚獎票選的前十名。曾在1979年以後援投手身份拿下賽揚獎的Bruce Sutter也是靠著優異的快速指叉球而揚名立萬,因此Sutter有時也被稱做是快速指叉球的先鋒。

指叉球及快速指叉球在握法上的差別在於指叉球夾球夾得比較深,兩指大約夾在球的正中央。而快速指叉球則大約夾在三分之二處接近縫線處,投出後指叉球下墜的幅度一般會比較大比較劇烈一點,快速指叉則自然是速度較快而下墜幅度較小。至於指叉球和快速指叉球(或稱叉指快速球或SFF)究竟算是一種還是兩種球路呢?我的看法是認為其實不需要特別去加以區別,因為兩種球路握法,變化,路徑都相當類似,基本上沒有什麼辦法可以在看到一顆球投出後分辨這是指叉還是快速指叉。如果看球速,球速快的人的指叉球可能會比球速慢的人的快速指叉還來的快也有可能,所以我認為這兩種球不必一定要嚴格加以區別,可以通稱為指叉球,只要知道其中包含兩種不同的球路和握法就好了,如國內有時將之稱為大叉及小叉,但不管大叉還是小叉也都還是指叉。著名的鬼才Billy Martin也堅持快速指叉球根本不是什麼新球路,只是指叉球的一個變形而已。

指叉球對於手臂的影響到現在仍然是被討論的一個話題,有些人認為指叉球是會傷害手臂的一種球路,但Roger Craig則否認這種球路與投手的受傷有任何的關連性。對於指叉球是否傷手目前雖然沒有定論,但的確是受到注意的,因此在大聯盟裡有些球團,例如西雅圖水手隊,如果新選手在加入球隊時指叉球已經投得不錯的話他們不會去干涉。但如果新加入的年輕投手並不會指叉球的話,除非真的有其必要否則教練不會去教導他們投指叉球。而除了開頭提到的數位亞洲選手之外,大聯盟裡也有不少其他的指叉球好手,最著名的當然是火箭人Roger Clemens,另外像是Jose Contreras、Tim Hudson、Curt Schilling、Kevin Brown、Kelvim Escobar等人都有一手漂亮的指叉球。

In the past decade, the forkball had its fame in Asia. Many famous pitchers, such as Hideo Nomo and Kazuhiro Sasaki, had big success with their forkball. A good forkball is highly likely to be swung and missed by a hitter because of the ball’s sudden downward motion. Some credit the invention of forkball to a Philadelphia pitcher Dave Keefe. Keefe lost his middle finger in his childhood due to an accident, so he naturally pitched with his index finger and ring finger and invented the forkball. The first pitcher famous for his forkball was Red Sox pitcher Joe Bush. In 1921, Bush found that his curveball doesn’t break anymore so he learned a forkball to replace the curveball. On the other hand, some believed that Phillies pitcher Bert Hall was the first pitcher to try out a forkball in 1908. The origin of the pitch aside, the forkball started to gain its popularity later on because of the success of pitchers like Tiny Bonham, Roy Face, etc.

 

A variation of the forkball, the split-finger fastball, also known as the splitter (often known as SFF in Japan), is credited to a pitching coach Roger Craig. He started to teach pitchers, including famous pitchers Mike Scott and Jack Morris, to throw the splitter in 1974. Scott even won a Cy Young award in 1986, the year after he had learned the pitch, and got into the top 10 in 1987 and 1989. Bruce Sutter, who won the Cy Young award as a reliever in 1979, also succeeded with his great splitter, and as a result, Sutter is sometimes called the pioneer of the splitter.


The main difference between throwing a forkball and a splitter is the grip. For a forkball, you place your index finger and the middle finger on around the center of each side of the ball, while for a splitter, you put them at about the upper third part of the ball. Generally speaking, the forkball travels at a slower speed and drops further than a splitter. As for whether forkball and splitter should be deemed as different pitches, as far as I am concerned, we don’t really have to distinguish them one from another because there is no distinct difference between the two, function wise. All we need to know is that there are different grips and ways to throw a splitter. Billy Martin also insisted that the splitter is definitely not a new pitch, and is nothing more than a variation of the forkball.


Whether the splitter will cause additional strain to the pitching arm is still in question. Some think the splitter does increase the chance of injury while some, including Roger Craig, deny that the splitter has anything to do with higher injury probability. Even though there is no consensus on whether throwing splitters leads to greater risk of injury, it has drawn some attention to itself. For example, the Mariners would not interfere if a pitcher is already throwing a splitter when he is signed. However, if the pitcher doesn’t throw a splitter, they would not actively teach him a splitter if it were not essential to his success. Besides the Japanese players mentioned before, there are also many pitchers who throw a great splitter, such as Roger Clemens, Jose Contreras, Tim Hudson, Curt Schilling, Kevin Brown, Kelvim Escobar, etc. Some pitchers, such as the aforementioned Hideo Nomo, can add lateral movement to the splitter by varying the finger and wrist action.

 

ここ十年、フォークボール(フォーク)がアジアで広まりました。野茂英雄、佐木主浩といった何人かの好投手が、フォークボールを武器にして大きく活躍しました良いフォークボールというのは、突然、鋭く落ちるので、打者が空振りしたり、打ち損じる確率が高いです。ある説によると、フォークの発明者は元フィラデルフィアの投手だったDave Keefeでした。幼い頃、Keefeは事故で中指を失ったため、自然に人差し指と薬指だけでボールを投げることになり、フォークを発明しました。フォークで有名になった最初の投手は、元レッドソックスのJoe Bushでした。1921年に、Bushは自分のカーブが曲がらなくなったことを悟り、カーブの代わりに使うつもりでフォークを習得しました。もう一説よると、初めてフォークを試したのは1908年の元フィラデルフィアの投手Bert Hallでした。。由来はさておき、それからフォークはTiny BonhamRoy Faceなどの名投手のおかげで人気が高まりました。

 

フォークのバリエーションであるSFFスプリットフィンガードファストボール)は、投手コーチのRoger Craigが発明したと信用されています。1974年、Craigは、有名なMike ScottJack Morrisを含む多くのピッチャーにSFFを教えました。ScottSFFを取得した翌年の1986年に、サイ・ヤング賞さえ受賞しました。1987年と1989年にもサイ・ヤング賞候補のトップ10に入りました。1979年にリリーフとしてサイ・ヤング賞を受賞したBruce Sutter投手も鋭いSFFのおかげで成功しましたので、よくSFFの先駆者と知られています。

フォークとSFFの主な違いは握り方です。フォークを投げる時、指はボールの中央を挟んで投げます。SFFの場合はボールの3分の1の所でボールを挟みます。一般的に言うと、フォークはSFFよりスピードが遅くて落下が大きいです。フォークとSFFは、違う球種と見なすべきのかという問題についてですが、私の考えでは、そんな必要はありません。なぜなら、機能性という点においては、フォークとSFFは決定的な違いがないからです。名監督Billy Martinも、SFFというのは新しい球種でも何でもなく、ただフォークのバリエーションだと主張しました。

 

SFFが、投げる腕に余計な負担をかけるかどうかについては、のはまだ議論がなされているところです。ある人達は、SFFを投げることは確実に怪我の危険性が高めると考えていますが、Roger Craigを含む他のある人達は、SFFは怪我とは全く関係がないと主張しています。一致する結論はありませんけれども、確かにたくさんの注目をあびました。例えば、マリナーズと契約した投手が、もしSFFをすでに投げているとすれば、球団は干渉しませんが、まだSFFを投げていない投手には、SFFはかれの成功にとって本質的ではないとして、コーチは主動的にSFFを教えることはしません。前述の日本人選手以外に、メジャーリーグでは勿論、良いSFFを投げる投手がたくさんいます。例えば、Roger ClemensJose Contreras Tim HudsonCurt SchillingKevin BrownKelvim Escobarなどです。その上、前にも書いた野茂英雄を含むある投手たちは指と手首の使い方よって、横の変化を加えることもできます。





六、變速球(Change-up, チェンジアップ)
變速球在球賽中所扮演的角色現在是越來越重要了,如果可以投的好並且有效的搭配變速球可以大大增加快速球的威力,所以如果能夠投出一手好變速球的話,即使沒有威猛的球速也是有可能在砲聲隆隆的球場上生存的,當然,如果又有一手威猛的直球加上優異的變速球的話,那絕對有資格成為一名極為出色的投手,所以近年來使用變速球的投手比例已經越來越高,差不多跟曲球滑球一樣普遍了。那麼,怎麼樣的變速球才叫做好的變速球呢?變速球的效果與其他的變化球不同,其威力主要並非來自軌跡的變化,而是要讓打者誤以為投來的是一顆快速球,但是棒子揮出去之後後卻發現是個比快速球慢上將近十英里而且會下墜的球,所以變速球最重要的就是球的欺敵性(deception),也就是看起來要越接近速球越好。當然這也不是說變速球不需要軌跡變化,只是說在deception有了之後銳利的軌跡變化才能完全發揮其功效。而且除了球本身的變化之外,投手還必須要能夠用跟投快速球一模一樣的姿勢投出也是很重要的一點,如果在姿勢上就被人識破的話,那變速球投得再好也沒有用。不過要注意的是姿勢畢竟只是個前提而已,真正重要的還是球本身的品質,不要把焦點放錯了。而現今我們最常見到的變速球大概就是圈式變速球(Circle Change, サークルチェンジ),也就是俗稱的OK球,以及掌心球(Palm Ball, パームボール)了,這兩種球路的變化是大同小異,都是前半段類似直球但速度較慢,到本壘板前會稍微下墜的球路,所以變速球看起來越像直球越好,才能有效的擾亂打者的擊球時間或是誘使打者擊成滾地球。其他也有一些不同的變速球握法,例如常聽到的所謂「五爪蘋果」握法或三指握法其實都只是掌心球的一種變體,只是手指的位置不大一樣而已。但不管是哪一種變速球,其原則都是依靠手臂、手腕及手掌附近區域的力量來將球投出,手指怎麼擺其實根本無關緊要,只要投手爽就好。變速球藉由較慢的轉速而在飛行的後段產生下墜,此外藉由出手的角度及手部力量的運用也可控制變速球變化的方向,圈式變速球比較會產生向外下墜的效果,而掌心球則多半是垂直的下墜。而除了這幾種比較基本的握法之外有些投手也會有自己獨特的變速球握法,例如Pedro Astacio,還有張誌家似乎有個伸中指的Fuck握法。

說到變速球,當今世上當然是首推顛峰時期的Pedro Martinez了,他的變速球真的只有「變態」兩個字可以形容,完全就是前面說到的欺敵性和銳利軌跡完美結合的範例。他的變速球的速度相當快,又有嚇死人的尾勁,別人的變速球多半都是乖乖的往下掉,最多向兩旁側斜一點,但是他的變速球卻是大幅度地往右打者的內側急遽下墜,讓人感覺那好像是顆螺旋球一樣。當然啦,每個人投的變速球當然會有點差別,但是變速球可以投到像Pedro這樣的人應該是很難再找到第二個了,再加上他夠威力的直球和也相當出色的滑球及曲球和跟他的變速球一樣恐怖的優異控球,才能夠讓他在這幾年身體狀況健康的時候可以投出那種比起Sandy Koufax有過之而無不及的成績。不過撇開這個異類不談,MLB裡也還有其他不少變速球好手,另外一個變速球好的恐怖的人就是道奇隊的Eric Gagne,他的變速球下墜幅度之大及銳利程度讓很多人都以為他在丟指叉球。另外像是Gregg Maddux和Tom Glavine、Trevor Hoffman、Jamie Moyer、Keith Foulke、Brad Radke、Johan Santana等人的變速球也都投得非常棒。

The change-up has become a much more important pitch as it was ten years ago. A good change-up can boost the effectiveness of a pitcher’s fastball and is also a powerful weapon against hitters hitting from the opposite side as the pitcher. Combined with the emerging consensus that the change-up is the pitch which carries the least injury risk, the percentage of pitchers who throw a change-up is getting higher and higher, perhaps as high as the curve and the slider. Unlike these breaking balls, the main source of the effectiveness of a change-up doesn’t come from the movement of the ball, having a great movement does help, though. The key to the effectiveness of a change-up is the deception of the pitch, which means that how similar it looks to a fastball right after being released by the pitcher. With a good deception, a change-up can entice the hitter to commit the swing before finding out that it is not a fastball and make a hitter out in front of the ball. Therefore, besides the deception of the pitch itself, there is also an important premise that the pitcher throws a change-up in the exact same way that he throws a fastball to avoid tipping off the pitch.

 

There are many variations of change-up. Two of the most common types are the circle change and the palm ball. Their movements are mostly similar. They look like a fastball at first but travel at a lower speed and drop downward before arriving the home plate. The main difference between them is that because of difference in grip, the circle change has a higher tendency to drift away from a left-handed hitter when thrown by a right-hander, and vice versa. That is also the reason why the change-up is more effective against hitters from the other side. There are also other variations which are thrown with different grips. However, regardless of the grip, a pitcher exerts only the force of the arms, the wrists, and the palm area. The deployment of the fingers is actually irrelevant as long as the pitcher feels comfortable. As a result, some pitchers do have their own unique grip for the change-up, such as Pedro Astacio.

 

You can’t talk about change-up without mentioning Pedro Martinez. During his hay-days, his change-up, for any batter, is pure evil. It travels at as high as mid-80s mph and will dive abruptly toward a right-handed hitter. The movement is so sharp that it even looks like a screwball. Pedro’s change-up is arguably the best in the history of baseball which enabled him to put up Koufax-like number in his prime. Apart from the outliner Pedro Martinez, there are many pitchers who throw a great change-up in the majors. Eric Gagne’s change-up, for example, dives so sharply that it had often been mistaken as a splitter. Greg Maddux, Tom Glavine, Trevor Hoffman, Jamie Moyer, Johan Santana, and Cole Hamels are some other pitchers who have a change-up.

 

チェンジアップの重要さは十年前より大分上がりました。ピッチャーが良いチェンジアップを持つと速球の威力も上がります。その上、違う側のバッターにもとても有力な武器です。そして、チェンジアップは一番怪我の危険が少ない球種だという意見が段々人々に認められてくるのと相まって、チェンジアップを投げる投手の数は増加してきています。カーブとやライダーと違って、チェンジアップの威力は主にボールの変化からではなく、欺く力、つまり、速球に似ていること、から生じます。だが、もちろん変化に助けられることができます。つまり、チェンジアップにとって一番大切なのはリリースの直後、速球に見えるかどうかなのです。良いチェンジアップは打者に、球種を見誤らせるため、早めにバットを振らせて、スウィングのタイミングを外すことができます。よって、ボール自身の質以外に、チェンジアップを投げることはもう一つ重要な前提があります。それは投手のフォームをリリースまでは必ず速球を投げる時とそっくりにすることです。そうでないと、チェンジアップを投げていることを打者に知られてしまうことになるかもしれません。

 

チェンジアップは多くの変形があります。一番よく見かけるのはサークルチェンジとパームボールです。この二つの球筋はかなり似ています。初めは速球に見えるけど、スピードがより遅く、途中で落ちることになります。サークルチェンジとパームボールの最大の違いは握り方の違いで、サークルチェンジは、右投手によって投げられるなら、パームボールより左打者の外角に横の変化が出る傾向があり、逆もまた同様です。そのこともチェンジアップが反対側の打者を抑えることがより容易いことになる要因です。また他の握り方で投げる違う変形がありますが、どんな握り方にしても、チェンジアップを投げる時、投手は腕や、手首や、手のひらの力しか使わないので、指をどこに置くのかは、投手がそれがいいと思う限り、実は無関係です。その結果、ある投手は自分なりの独特のチェンジアップの握り方を持ちます。例えばPedro Astacio投手です。

 

チェンジアップといえば、ペドロ・マルティネスに言及しないわけにはいかないでしょう。彼の全盛期のチェンジアップは、どのバッターにとっても悪夢でした。80マイル中盤くらいのスピードで右打者に向かって鋭く落ちていきます。その急激な変化はスクリューボールに見えるほどでした。彼はおそらく史上最高かもしれないチェンジアップによって、全盛期にサンディ・コーファックスのような成績を出すことができました。恐ろしいペドロ・マルティネス以外にも、メージャーリーグには他にも多くのチェンジアップの名手がいます。例えば、エリック・ガニエのチェンジアップも鋭い変化のため、よくフォークボールに見違えられていました。グレッグ・マダックス、トム・グラヴィン、トレヴァー・ホフマン、ヨハン・サンタナ、コール・ハメルズもとても有名なチェンジアップの名手です。




七、螺旋球(Screwball, スクリューボール, スクリュー)
螺旋球是一種很特別的變化球,速度不快,甚至比曲球還慢,當由右投手投出時,會向右打者的內角彎曲並下墜,但是角度比較小而平滑,不過螺旋球近年來在球場上已經不多見了,主要的原因是螺旋球不好練也很難投的好,而且被認為是相當傷害手臂的球路。螺旋球起初是因為Christy Mathewson而出名的,但那時還沒有螺旋球這個名詞,Mathewson稱之為消逝球(Fade-away),螺旋球這個名稱則是從Carl Hubbell開始出現的,他是繼Mathewson之後將螺旋球再度帶回人們心中的人,他能夠投出三種不同速度的螺旋球,當時老虎隊的Ty Cobb因為認為螺旋球會傷害投手的手臂所以不願意簽下Hubbell ,但是巨人隊的經理John McGraw對Cobb的說法嗤之以鼻,McGraw說:「笑話!螺旋球就是以前 Mathewson投的消逝球,Mathewson的手也從來沒有因為投消逝球而受傷。」後來Hubbel果然在大聯盟投了16年,生涯拿下253勝154敗及2.98的生涯防禦率。只是現在由於和螺旋球有類似效果的下沈速球漸漸普遍,大概已經不會再有投手會去練這種傷手的螺旋球,所以螺旋球可能會正如其原名消逝球一般,逐漸消逝在棒球場上了。

The screwball is a very special pitch. It travels quite slow, even slower than a curveball at times. When thrown by a right-handed pitcher, it will drop toward a right-handed hitter. However, the screwball is rarely seen around these days because it is very difficult to learn and master, and also it is deemed to cause a great risk of injury to the pitching arm. The screwball became famous in the first place because of Christy Mathewson. There wasn’t the term “screwball” at that time and Mathewson called it “the fade-away”. The term “screwball” appeared since Carl Hubbell, who brought back people’s attention to the screwball once again since Mathewson. He can throw the screwball in three different velocities. Ty Cobb, the Tigers manager at the time, released Hubbell because of the concern about his reliance on the screwball and the associated risk of injury. However, John McGraw, the Giants manager at the time, sneer at Cobb’s opinion. McGraw thinks that it’s ridiculous because the screwball is exactly Mathewson’s fade-away and Mathewson never got hurt because of that. Hubbell did pitch in the majors for 16 years with 253 wins, 154 losses and a career ERA of 2.98. However, it is true that screwball cause more strain to the arm and thus bear more risk of injury than other pitches. Plus the fact that the sinker, which has a similar function to the screwball with much less risk, has become much more prevalent. The screwball might be, just as what it was called, fading away from the baseball diamonds.


スクリューはとても特別な球種です。スピードがとても遅く、時にカーブよりも遅いです。右投手が投げると、右打者の内角に向かって大きく沈みます。しかし、スクリューは最近ではあまり見られなくなりました。なぜなら、スクリューは、習得も精通もしにくい上、腕にも重い負担をかけて怪我の危険性が大幅に高まるからです。スクリューがよく知られるようになったのはクリスティ・マシューソンという投手のおかげでした。当時は、スクリューという名はまだなかったので、マシューソンはこの球種をフェイドアウェイと呼んでいました。スクリューという言葉は、カール・ハッベルの時代から現れました。彼は、三つの違うスピードでスクリューを投げることができマシューソンに続いてスクリューを観客に思い出させた人でした当時のタイガースの監督タイ・カッブは、スクリューを投げているため怪我の危険性の高いハッベルと再契約することを拒否しました。当時のジャイアンツの監督のジョン・マグローはカッブの意見をあざ笑いました。スクリューとは以前マシューソンが投げたフェイドアウェイそのものだがマシューソンフェイドアウェイ投げたために怪我をしたことはないのだから、そんな考えばかばかしいと、彼は考えたのです実際に、ハッベルは16年間も大リーグで活躍して、253勝154敗、防御率2.98の好成績を残しました。しかし、スクリューを投げることは確かに怪我の危険性を高める上、役割の近いシンカーがかなり広まったので、スクリューはおそらく、元となったフェイドアウェイ(消える球)のように、次第に野球の世界から消えていくかもしれません。


八、蝴蝶球、彈指球、指關節球(Knuckleball, ナックルボール, ナックル)
蝴蝶球因為變化飄忽不定而得名,同時也因為是利用手指關節的力量來投球所以也稱為指關節球或彈指球。彈指球與螺旋球一樣,都是因為不好練也很難控制的好所以在球場上並不普遍,現在大家最熟知的幾個彈指球投手除了現役紅襪隊的Tim Wakefield以外,還有剛退休不久以前還來過台灣比賽的前道奇隊Tom Candiotti和同樣退休不久的Charlie Hough,不過在這些人之前還有許多著名的彈指球投手,從(大約在1908年左右)第一位把彈指球當作主要球路的白襪隊投手Eddie Cicotte,到後來的Emil Leonard、Hoyt Wilhelm和Phil Niekro等。彈指球的變化軌跡相信大家也都知道,就是飄忽不定,毫無規則可尋,不但難投也很難打,甚至還很難接,就連身為彈指球投手Hoyt Wilhelm自己都說:「我已經花了二十七年了,還是搞不懂這種球為什麼會這樣子,如果你要問我怎麼投彈指球,我只能說你問錯人了。」當時擔任印地安人經理的Mike Hargrove在被問到如何打彈指球時,他幽默的回答:「偶數局時,把你的舌頭伸到嘴巴的左邊而單數局時就伸到右邊;我不知道怎麼打彈指球,你只能期待投手投球來擊中你的棒子。」,一位費城人隊的捕手Bob Uecker也說:「接捕彈指球最好的方法是等球不再滾動之後把球撿起來。」,從這些球員教練的言語中我們可以對彈指球的不易掌握程度略見一二。

The knuckleball got the name because it is thrown with the knuckles. It is also called the butterfly ball because of its motion and slow speed. The motion of a knuckle ball is purely unpredictable. Nobody knows how a knuckle ball is going to move, including the pitcher himself. Similar to the screwball, the knuckle is extremely difficult to learn and control, so there is few knuckleballer around in the major league. The most famous one is of course Tim Wakefield of Boston Red Sox. In the 1990s there were also Tom Candiotti and Charlie Hough. The first pitcher who uses knuckle ball as a primary pitch is White Sox pitcher Eddie Cicotte. Emil Leonard, Hoyt Wilhelm, and Phil Niekro are some famous knuckleballers in the baseball history. Because of its unpredictable motion, the knuckle ball is extremely difficult to hit. When Cleveland Indians manager Mike Hargrove was asked how to hit a knuckleball, he said:”Stick your tongue out the left side of your mouth in the even inning and out the right side in the odd inning. I don’t know. You just hope he throws one that hits your bat.” Not only hitting a knuckleball is difficult, catching one is not easy, either. When Bob Uecker, a Philadelphia catcher Bob Uecker was asked what is the best way to catch a knuckle ball:”I wait until it stops rolling across the ground, then I go pick it up.”

 

ナックルがこの名前に付けられるのは、投げる時指ではなくて指関節でボールをリリースするからです。遅いスピードと予想できない変化によって「バッターフライボール」という別名も得ました。ナックルがリリースされからどう変化するのは、投手自身を含み、誰にも分かないです。スクリューと同じように、ナックルを習得することやコントロールすることが大変難しいので、最近はナックルを投げている投手はとても少ないです。一番知られているのは勿論ボストンレッドソックスのTim Wakefieldです。1990年代にTom CandiottiCharlie Houghがいました。初めてナックルを主力球として使ったのは、シカゴホワイトソックスの投手Eddie Cicotteでした。Emil Leonard, Hoyt WilhelmPhil Niekroも史上に残る有名なナックル投手でした。変化が予想できないことより、ナックルを打つのは極め難しいことです。どうやってナックルを打ったらいいですか、と聞かれた時、元クリーブランドインディアンスの監督Mike Hargroveがこう言いました:「偶数の回には舌を口の左側に出して、奇数の回には右側に出す。分かりませんよ。ピッチャーが投げる球がバットを当たることを期待するしかありません。」ナックルを打つことだけではなくて、捕ることも大変難しいです。ナックルを捕る一番いい方法は何ですかと聞かれた時、「地面に転が終わってから、ボールを拾います。」と、元フィラデルフィアのキャッチャーBob Uecker は言いました




九、其他
除了上面這些一般的球路之外,有一些投手會使用或發展出一些特別的球路,例如Mike Mussina的彈指曲球(Knuckle Curve, ナックルカーブ),算是曲球的一種變形,另外還有Kevin Appier的獨門異形球,以前中華職棒時報鷹大瑞、公爵Orlando Hernandez與多田野數人等人都會使用的緩慢小便球(當時台灣稱之為古大球)等等,不過這些特別的變化球為數不多,而且不管是什麼球路,要能夠投的好有威力才是最重要的,可不是只要發明出一種新的球路就可以當作新世紀魔球來輕鬆解決打者了。



另外有人說,這些球路他都很清楚,可是在電視上看球賽時,卻很難分辨投手投出的球到底是哪一種,最多只能分辨出是直球還是變化球,其實這也是無可厚非的,畢竟同樣一種球路的速度和變化都是因人而異,除非該名投手的某些變化球屬於比較典型的變化時那比較好分辨,否則真的不是那麼簡單的事,連我本身也是常會遇到一些投手投出一些讓我無法很肯定到底是什麼球路的球。而想要學習如何辨認變化球種的話,我認為最好的一個辦法是除了要熟知各球種的變化特性之外,自己最好要練會投該種變化球,瞭解怎樣投出該種變化球和該球變化的原理時,再加上看過自己投出該種變化球的軌跡之後,再去看比賽會比較容易辨識不同的球種,再來就是要多看比賽,累積經驗,自然就能夠瞭解其中的樂趣和奧妙之處。

    全站熱搜

    andrenomo 發表在 痞客邦 留言(12) 人氣()